地デジの電波が弱かったのでブースター導入したら即改善!ブロックノイズ解消に超オススメ 【レビュー】



アンテナ / sabamiso

どうもある特定のチャンネルがブロックノイズのカクカク状態になって思うように見えなくなってしまったのであれこれ探してたら、どうやらブースターを導入すればよいとのこと。で、さっそくヨドバシカメラで買って導入してみた。

うーむ、早く導入しとけばよかった、、、おかげでジブリの耳をすませばを見ることできずw

スポンサーリンク

導入後電波の数値が大きく改善、ブロックノイズもすっきり

導入前にテレビ(三菱)で電波の強さをチェックした所、ちゃんと映っているチャンネルでは24とかいう数値がでているのに対し、映らないチャンネルは17とか酷い時には13とかだった。(テレビにはアッテネータのON/OFFの設定があったが、こちらは電波が強すぎた時に弱めるものらしい)

ちなみにBSはたしか24ぐらいで特に問題なく写っていた。

ということで、色々探してたところ地デジの電波を増幅することができるブースターを発見。しかも33dBまで可変的に増幅量を調整できるらしい、、、(購入したブースターが売り場では一番最大増量が多かった&お値段も手頃だった)

で、これを使用したところ、地デジでは38とか40とかいう数値になり全く問題なく映るようになった。BSもとくに増幅してはいないがどうやら28ぐらになった模様。(ちなみに今回は、半分ぐらい回しました)

電波が弱かった原因は分配器!?

で、結局何が原因だったのか?というと、家ではアンテナから地デジとBSが混合して1本のケーブルでやってくるのだけれど、これをテレビにつなぐ時にパッシブな(電源なしの)分配器を使っていたんだけど、そこで減衰してたことが原因のようでした。

ということでちゃんと分配するならアクティブな(電源ありの)分配器を使ってやった方がいい&電波が弱い場合はブーストしてあげましょうってことで。

ちなみに今回購入した便利・高性能なオススメブースターは↓

また、↓はBSの増幅も可能なタイプ

スポンサーリンク
カテゴリー: レビュー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。