購入したLaVie Zが届いたのでレビュー!(4) ~ 性能はいかに?Windows エクスペリエンス インデックスで調査 【レビュー】


ということで、「購入したLaVie Zが届いたのでレビュー!(3) ~ 起動!これがNECのおもてなし!」の続きです。

最後は、WIN SCORE SHAREでWindowsエクスペリエンスインデックスを測定したいと思います。

スポンサーリンク

WIN SCORE SHARE起動!

まずはダウンロードして起動

WIN SCORE SHARE

あら、文字サイズがでかくなっているせいか崩れてしまっている、、、これは直さないといけませんね。

念のため再測定。

再測定

LaVie Z Core i7のWindowsエクスペリエンスインデックスはこれ

基本スコアは、5.1とのことです。

どうでしょう。思ったより低い感じですか?MacBook Air(2012)と比較しても互角以下?グラフィックスに関しては大きく負けてる感じでしょうか。

比較

パフォーマンスを求める人には向いてないかもしれませんね。ただ、ビジネス用途には十分でしょう。CPUの周波数が下がっても同じスコアだということは、ここでも連続稼働時間にも貢献しつつ、バッテリー削減にも貢献していっそうの軽さに繋がっているのですから。

SSDは、最近話題になった東芝製のSSDではない模様w

グラフィックス(Intel(R) HD Graphics Family)の性能は、他の人のWindows エクスペリエンス インデックスを見ても同じぐらいの数値のようなんで、こんなものなんでしょう。MicrosoftのSurface Pro 2と同じぐらいの性能でしょうか。

性能についてはよくあるノートPCってことかもしれません。ここに魅力を感じて買う人はそんなにいないとは思いますので、いいとは思いますが。

ということで、どうでしょう?まだ手に入れてない人も、まずはぜひその手でその二本指で持ち上げてみて、購入を検討してみてはいかがでしょうか。現在のAmazon価格は↓こんな感じらしいです。

スポンサーリンク
カテゴリー: レビュー   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。