非力プログラマーがタイヤ交換、、、この神ツールのお陰であっさりと終了! 【レビュー】


さてさて、週間天気予報に雪のマークがついてたもので慌てて恒例のタイヤ交換をしてみた。

今回は、自分でやってみた、、、んだけど、今までは自分で交換するのが面倒で(力不足でナットを緩めるのに時間がかかりすぎるため)お店にお願いしてましたが、お店まで持っていくのも時間がかかったり面倒になったりで、「そうだ自分でやればいいんだ!」となった次第。

amazonで購入

でも、あのかったるいナットを緩めたり締めたりする作業は辛すぎるので、amazonで電動インパクトレンチなるものを手に入れ、それでタイヤ交換をしてみた。(黄色い油圧式ジャッキも購入)

結論的には、「楽・早い・きっちり締められる」であった。

スポンサーリンク

購入したものはBAL電動式インパクトレンチ No.1304というもの。工具には詳しくないのでどういうメーカーかは知らないけど、まぁーいいかって感じで。

一応、収納ケースと交換ヒューズが付属している。amazonか何かの感想でインパクトレンチは7回ぐらいで壊れるみたいなことが書いてあったけど、もしかするとヒューズが飛んだだけの可能性もあるので、どのぐらい保つのかは注意して見ていきたいところ。

作業開始

このインパクトレンチはシガーソケットから電源を取るタイプなんで、車体中央にあるシガーソケットを利用し窓を開けてそこからコードを出してやってみました。片側前後のタイヤを交換しては、別の窓からコードを出して、もう片側の前後のタイヤを交換する感じです。

エンジンはかけてませんけど、電源はONにして行いました。付属で二種類のナットのソケットが付いていましたがアルミホイール用の大きいの(21mm)を使用。

ちなみに恥ずかしながらインパクトレンチがどのようなものか知らずに、ドリルのようにすぐに回転していくものだと思ってたので、スイッチオンにしても音はなってるけど回らなかったということに少々汗ってしまいましたが、説明書読めばすぐに分かるように、しばらく回しているとギュッギュッと回るものなのでした。

なんかF1みたいなものダダダダーと一気に回すようなものを想像してたのですが、シガーソケット給電で一気にそんなにパワーは出ないですよね。

緩める時は7回ぐらい回して緩みました。締める時は、我がマイカーは100[N・m]ぐらいが規定トルクらしく3〜4回行えばそのぐらいになるとのことだったのでそのようにしておきました。

時間的には、タイヤを出す所からテスト走行を含めて1時間もかからなかったでしょうか。てか30分ぐらいかも?

私より先にタイヤ交換を始めたオヤジが手作業で1本目のタイヤを交換し終わった頃にはもう終わってたので、交換自体は楽勝でした。神ツールにアシストされたTASさんの勝利です。

使ってみて

使ってみてデジタル式のにすればよかったかな(もっと楽できたかな)とも少し思ってますが、それは次買う時に。早く壊れないかな、、、

使用した油圧式ジャッキと電動インパクトレンチはこれ↓
バル(BAL) インパクトレンチDC12V No.1304

スポンサーリンク
カテゴリー: レビュー   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。