仕様


対応フォーマット

読み込みに対応しているフォーマットは以下の通りです。

タイプ
WAV(PCM)
ビットレート
8、16、24bit
サンプリング周波数
〜192kHz
チャンネル数
1、2ch

対応していないフォーマットもしくは設定されてるサンプリング周波数とは違うものがドラッグ&ドロップされた場合、SoundEngineを検索し見つかった場合それにより変換できないか試します。

録音に対応しているフォーマットは以下の通りです。

タイプ
WAV(PCM)
ビットレート
8、16bit
サンプリング周波数
11.025kHz、22.05kHz、32kHz、44.1kHz、48kHz
チャンネル数
1、2ch

なお、サンプリング周波数は、プロジェクト開始時のみ選択可能です。

機能

プロジェクトファイル
プロジェクトファイルを開く・保存が可能、プロジェクトファイルにはエレメントの情報、トラック・マスタートラックの情報、メモの情報を記述。
音声ファイル読み込み
ファイルから開く・録音して開く・貼り付けに対応、最大読み込みサイズは WAVEファイルの限界4GBまで。
音声ファイル書き込み
ミックスダウンによりWAV(PCM)保存が可能
同時音声ファイル読み込み数
1024個
トラック数
4
トラック機能
音声ファイル配置、トラック名、ボリューム、パン、エコー、ミュート、ソロ、レベルメーター
波形表示
波形は全チャンネルを重ね合わせ、マイナス側を折り返した形の波形として表示、時間軸の拡大・縮小、レベル軸の拡大・縮小
マスタートラック
ボリューム、レベルメーター
やり直し・元に戻す
10回まで
編集
編集メニューを参照のこと
エレメント編集
移動、カット、フェードイン・フェードアウト・クロスフェード、ボリューム、メモ
メモ
1024ページまで、フォントサイズの変更、透明度の変更が可能
検索
soundengine.jp内から情報を検索

動作環境

OS
Windows XP/XP x64/Vista/Vista x64/7/7 x64(Windows 7推奨)
CPU
32bit CPU(64bit CPUの互換モードでも動作、マルチコアプロセッサ推奨)
メモリ
128MB以上必須
ハードディスク
空き容量1G以上推奨(編集するファイルの容量の10倍以上の空き容量が必要)
画面サイズ
XGA以上推奨
デバイス
再生・録音が可能なオーディオデバイス

その他、マウス・キーボード、スピーカーやヘッドホン・マイクなどをご用意下さい。

スポンサーリンク

関連ページ:

  1. トラックエリア
  2. ドラッグアンドドロップ
  3. ファイルメニュー
  4. 各部名称
  5. メニュー

コメントは受け付けていません。