トランスポートエリア


画面

演奏メニューでよく使う再生・録音を行うボタンなどがあります。

transport_area.gif
再生カーソル位置
再生カーソル位置を表示します。hh:mm:ss.msec形式かサンプル数で表示します(hhは時間、mmは分、ssは秒、msecは1/1000秒(ミリ秒))。
巻き戻しボタン
カーソル位置を1秒巻き戻します。
録音ボタン
このボタンを押すと録音のプレビューが開始されます。録音のプレビューでは、実際に録音は開始されませんが、音声入力レベルがレベルメーターに表示されるようになります。続いて再生ボタンを押すと録音を開始します。録音中に録音ボタンか再生ボタンを押すと停止します。
再生ボタン
カーソル位置から再生を開始します。すでに再生が行われている(ボタンが押された状態)の場合再生を停止します。また、録音ボタンを押している状態で再生ボタンを押すと録音を開始します。
ループボタン
選択範囲の最初から最後までを何度も連続して再生させます。選択範囲の再生確認を何度もしたい場合に有効的でしょう。ループ中にエレメントを選択することもできます。
早送りボタン
カーソル位置を1秒早送りします。
選択範囲開始位置エディット
選択範囲の開始位置を表示します。マウスを合わせてクリックすると編集することができ、入力してエンターキーを押すと確定します。
選択範囲終了位置エディット
選択範囲の開始位置を表示します。マウスを合わせてクリックすると編集することができ、入力してエンターキーを押すと確定します。
選択範囲間隔エディット
選択範囲の開始位置から終了位置まで長さを表示します。マウスを合わせてクリックすると編集することができ、入力してエンターキーを押すと確定します。
サンプルボタン
再生カーソル位置及び選択範囲位置をサンプル数で表示します。

エレメントを選択した時、選択範囲のエディットなどが消えエレメント設定エリアが表示されます。

スポンサーリンク

関連ページ:

  1. 演奏メニュー
  2. パレット画面
  3. トラックエリアコンテキストメニュー
  4. メモ画面
  5. 編集メニュー

コメントは受け付けていません。