ディレイ(エコー)


カラオケで歌った時のようなエコー感を付加します。リバーヴ(残響)よりもくっきりした反響感を出します。(ディレイについての詳しくは、「ディレイ(エコー)とは、種類・使い方についてやさしく解説」をご覧下さい。)

ヘルプカフェでの動画解説版は、「02. 音に奥行きを持たせたりステレオ化したり~ディレイ (2:31) | SoundEngine #3 エフェクト」です。

画面

画面上部の空間メニューからディレイ(エコー)を選択すると次のような画面が表示されます。

ディレイ(エコー)
エコーの間隔を設定します。
フィードバック
エコーの持続割合を設定します。大きくするほど長くエコーします。
クロスFB(フィードバック)
左右逆の音を次のエコーに利用する度合いを設定します。
オフセット
左右で遅れを作りステレオ感のあるエコーにします。
高域減衰
高域を減衰させる量を設定します。
低域減衰
低域を減衰させる量を設定します。
広がり
エコーの広がり具合を設定します。
効果/原音
エコーと原音のミックス率を設定します。
音量
最終的出力レベルを調整します。

ライブラリー

アナログディレイ
アナログ回路を利用したディレイ音を擬似的に再現します。
アンビエンス1
室内空間的効果を出します。
アンビエンス2
室内空間的効果を出します。
カラオケ
カラオケでのエコーを擬似的に再現します。
ショートディレイ
短めのディレイです。ボーカルなどに。
ステレオディレイ1(BPM120)
ステレオ感のあるディレイです。テンポが120のものにあわせたディレイになっています。
ステレオディレイ2(BPM120)
ステレオ感のあるディレイです。テンポが120のものにあわせたディレイになっています。
ダブリング
音声を二重撮りしたかのように厚みのある音にします。
ロングディレイ
長めのディレイです。トンネルのような反響を擬似的に再現します。
高域ディレイ
高域のみのディレイです。抜けのよいディレイを利用する時などに。
スポンサーリンク

関連ページ:

  1. 空間メニュー
  2. コーラス
  3. サラウンド(位相・広がり調整)
  4. リバーブ(残響)
  5. エンハンサー

コメントは受け付けていません。