ダイナミックイコライザー


特定の周波数帯域の音量が大きい時、それを抑えるために使用します。特定周波数帯域のみにかかるコンプレッサーと考えるとわかりやすいかもしれません。

ヘルプカフェでの動画解説版は、「10. ある音域だけにコンプレッサーをかける~ダイナミックイコライザー (1:23) | SoundEngine #3 エフェクト」です。

画面

画面上部の音質メニューからダイナミックイコライザーを選択すると次のような画面が表示されます。

ダイナミックイコライザー

周波数
ダイナミックイコライザーを掛ける周波数帯域を調整します。
大きいほど鋭角に(狭い周波数帯域を)調整し、小さいほどなだらかに(広い周波数帯域を)調整可能です。
スレッショルド
設定した周波数帯域がこれより上の音量になった時に、その音を圧縮します。
効果/原音
効果が掛かった音と原音の音量の調整をします。100%にして不自然になってしまった場合には、少しずつ下げていくとよいです。
音量
最終的出力音量レベルを調整します。

ライブラリー

ディエッサー
歌で、サ行の発音の際に発生する擦れたような音を低減します。
中域圧縮
1kHz付近の音量を圧縮します。
低域圧縮
100Hz付近の低音域の音量を圧縮します。
高域圧縮
8kHz付近の音量を圧縮します。
スポンサーリンク

関連ページ:

  1. ノイズサプレッサー(雑音帯域低減)
  2. 音質メニュー
  3. コンプレッサー(音量圧縮)
  4. リミッター(音量制限)
  5. 音量メニュー

コメントは受け付けていません。