ローファイ


音をローファイ化し壊します。ドラムループや音声にかけてると効果的です。リングや歪みが使えます。

ヘルプカフェでの動画解説版は、「20. テクノ系などで格好良い音を作るには?~ローファイ (1:07) | SoundEngine #3 エフェクト」です。

画面

その他メニューのローファイを選択すると下のような画面が表示されます。

ローファイ

アルゴリズム
ローファイ化のアルゴリズムを0~3の値で設定します。4種類の音が出せると思ってください。
リング
リングモジュレーターの掛け具合を調整します。金属的な音になったりします。
LPF
LPF(ローパスフィルター)のカットオフ周波数を設定します。
レゾナンス
フィルターの共鳴度を設定します。大きくするほど、カット周波数に山を作り癖のあるフィルタリングになります。
デジタル化
サンプリング周波数を変えて、音を壊します。音が荒々しくなるようなイメージでしょうか。
歪み
音を歪ませます。TB-303の有名なベース音のようにさらに癖のある音作りが可能です。
リサンプル
bit数を下げることにより音を壊します。
効果/原音
ローファイ化した音と原音との配合率を設定します。
音量
最終的な出力レベルを調整します。

ライブラリー

ライブラリーでは、掛けると面白そうなパラメーター設定をそろえています。

150Hzレゾナンス
フィルターのカットオフ周波数を150Hzに設定し、レゾナンスを上げています。
プライバシーボイス
ローファイ1
ただただモコモコいいます。
ローファイ2
少し耳障りなくらいに中高音域が強調された音になります。
ローファイ3
「ブー」という音がずっと混ざったような音。
ローファイ4
全体的にモコモコとなり、たまに矩形波(ファミコンサウンドのような音)が混ざります。
ローファイ5
壊れたラジオみたいな音と言ったらよいでしょうか・・・。
標準
全てのパラメーターをリセットします。
無線音声
無線機から出力されるような音になります。
電話音声
電話から聴こえるような音になります。

ローファイというエフェクターに関しては、原音によって効果に違いが出るので、珍しいことがしたい場合にとりあえず使ってみてください。

スポンサーリンク

関連ページ:

  1. その他メニュー
  2. スーパーフェイザー
  3. ディストーション(歪み)
  4. トレモロ
  5. ファイル配置仕様

コメントは受け付けていません。