サラウンド(位相・広がり調整)


サラウンドは、音のステレオ感を調整します。また、チャンネルディレイ(片側のチャンネルのみを遅らせる)などで擬似的にステレオ感を作ることも可能です。音の定位を変更することも可能です。

surround_diagram.png

ヘルプカフェでの動画解説版は、「08. 音のステレオ感を簡単に変えたい!~サラウンド (1:11) | SoundEngine #3 エフェクト」です。

画面

画面上部の空間メニューからサラウンド(位相・広がり調整)を選択すると次のような画面が表示されます。

チャンネルディレイ
遅らせる時間を設定します。+側で右チャンネルを-側で左チャンネルを遅らせます。
定位
音の定位(パン)を設定します。+側にすると右チャンネル側に定位を変更し、-側にすると左チャンネル側に定位を変更します。定位を変更しても音量感が変わらないよう音量も調整されます。
低域広がり
低域の広がり(ステレオ感)を調整します。
低域音量
低域の音量を調整します。
高域広がり
高域の広がり(ステレオ感)を調整します。
高域音量
高域の音量を調整します。
音量
最終的出力レベルを調整します。

ライブラリー

10%サラウンド
10%サラウンド感広げます。モノラルの音声を広げることはできません。
シャープ
音にシャープさを付加します。
チャンネルディレイ1
チャンネルディレイを使って音にステレオ感を出します。モノラル音声を広げることもできます。
チャンネルディレイ2
チャンネルディレイを使って音にステレオ感を出します。モノラル音声を広げることもできます。
チャンネルディレイ3
チャンネルディレイを使って音にステレオ感を出します。モノラル音声を広げることもできます。
モノラル化
音をモノラル化します。
ライブサウンド
音の響き部分を広げライブ感を強調します。
ラジオサウンド
AMラジオのような音にします。さらにディストーションを加えたりサンプリング変換するとよりAMラジオっぽくなるかもしれません。
右スピーカー
右スピーカーからのみの音にします。
左スピーカー
左スピーカーからのみの音にします。
逆位相
左右で逆の位相の音を取り出します。逆位相は、中央からもっとも離れた位置でなっている音になります。
スポンサーリンク

関連ページ:

  1. 空間メニュー
  2. ディレイ(エコー)
  3. 解析タブ
  4. スペースイコライザー
  5. エンハンサー

コメントは受け付けていません。