解析タブ


タブ

「解析」のタブをクリックすると表示されます。

分析タブ

解析エディット
現在開いている音声ファイルの解析内容を表示します。音声ファイルを開くと自動的に解析が始まります。いくつかのエフェクト(オートマキシマイズ、ノーマライズなど)では解析結果を使うため、解析が終了するまでエフェクトが使用できません。
コピー
解析エディットに表示されている内容をクリップボードにコピーします。

解析

最大音量
全チャンネルの最大音量を解析します(ステレオファイルの場合、各チャンネルの最大音量も表示します)。ノーマライズ処理に使用します。
平均音量
全チャンネルの平均音量を解析します(ステレオファイルの場合、各チャンネルの最大音量も表示します)。オートバランス処理に使用します。
オートマキシマイズ平均音量
音声ファイル全体の聴覚的な平均音量を解析します。オートマキシマイズ処理に使用します。
DCオフセット
全チャンネルのDCオフセット(直流成分)を解析します(ステレオファイルの場合、各チャンネルのDCオフセットも表示します)。DCオフセット処理に使用します。
サラウンド(位相)
ステレオファイルの広がり具合(ステレオ感)を解析します。
歪み率
デジタルな歪み量を測定します。矩形波に近いほど歪み量が大きいとみなします。これは、レベルオーバーのクリップがこのような形に近くなることからです。
正負平均音量差
波形の上側(プラス側)の平均音量と波形の下側(マイナス側)の平均音量を解析します。
スポンサーリンク

関連ページ:

  1. オートバランス(左右音量差調整)
  2. 音量メニュー
  3. ノーマライズ
  4. オートマキシマイズ
  5. サラウンド(位相・広がり調整)

コメントは受け付けていません。