Oggファイル(Ogg Vorbis)とは 【用語解説】


Oggファイル(Ogg Vorbis)は音声ファイルの一種で、オッグとかオッジと呼ばれているようです。主に以下の特徴があります。

  • 非圧縮の音声ファイルに比べ、ファイルサイズを小さくできる。
  • 圧縮前の音を完全に再現できない。(非可逆圧縮)
  • ライセンスの制限が緩やかなので、PCゲームによく利用されている。
  • ギャップレス再生に対応

MP3との違い

Oggは同ビットレートのMP3よりも聴感上良い音で再生でき、さらに、AACやWMAなど、他の非可逆圧縮の形式と比較しても引けを取らないようです。特に低ビットレートではその性能は高く評価されています。

また、MP3に対応するソフトウェアやハードウェアを配布する場合はライセンス料を払う必要があるのに対し、Oggはライセンス料を払う必要はありません。そのため、上記のようにPCゲームで圧縮音声を扱う際に用いられることが多いようです。

他の非可逆圧縮フォーマット

Ogg Vorbis以外の非可逆圧縮フォーマットには次のようなものが挙げられます。

  • MP3( MPEG 1 Audio Layer 3)
  • AAC( Advanced Audio Coding)
  • WMA( Windows Media Audio)
  • ATRAC( Adaptive TRansform Acoustic Coding)

これらに比べ知名度・技術的要因のためOgg対応の携帯音楽プレーヤーはまだまだ少ないようです。

Ogg Vorbis対応アプリケーション

 

再生

変換

読み書き

カテゴリー: 用語解説   パーマリンク