Windowsエクスペリエンスインデックスを向上させるための事例(2) ~ NEC Mate PC-MA20VBZEBのメモリをSAMSUNG(1GB PC333)に交換 【やってみた】


古いパソコンなのは分かっていたのだけど、あまりにも動画やゲームがまともに動かず、結構ネットゲーム等を遊ぶ為、せめてもう少しちゃんと表示出来るようにならないかと思って、とりあえず増設しやすいメモリを増設してみる事にしました。

処理が遅いからといってメモリ増設は短絡的ですが、なにぶん古いパソコンなので他に良い案も無く、やるだけやってみようと思ったのです。

リアルタイム動画などほとんど何をやっているかも分からない程にカクカクしていたので耐え切れなかったのです。

スポンサーリンク

パーツはオークションでゲット!

PC333の1GBはなかなか無くて苦労しました。

本来このパソコンは512MBを2枚刺しで合計1GBちょっとが限界だったのですが、もう少しだけ増やしたかったので片側をどうしても1GBにしたくて探しました。2GBに出来ないかとちょっと試してみたのですが、無理でした。

結局オークションで手に入れる事になりましたが、問題なく動作したので良かったです。

1GBを2枚刺すとたちまち沈黙してしまうのでちょっとがっかりしましたが、これはまあ仕方ないですね。

パフォ-マンスは多少改善!

交換前に1G近くにはしていたので、動作自体はそこまで劇的には変化はしませんでしたが、ネット自体はかなり快適になりました。さすがにこれ以上はパソコン自体を買い換えるべきだと思います。

メモリだけの増設で出来る限界まではなんとか性能は上げたと思うので、これでしばらくは頑張ってみるつもりです。

しかし、やはりリアルタイムの動画は無理でした。ゲームもかなり厳しいですが、全く出来ない訳ではなくなったので、これは良かったと思います。

ということで、みなさんも「WIN SCORE SHARE【Windows エクスペリエンス インデックスの表示・共有・比較・再計測】」を活用しながら、PCのパフォーマンスを向上させましょう!

スポンサーリンク
カテゴリー: やってみた   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。