Windowsエクスペリエンスインデックスを向上させるための事例(6) ~ 自作PCのグラフィックカードをGeForce GT 520に交換 【やってみた】


ある日なんの前触れもなく突然パソコンが落ちてしまい、再起動させようとしても起動せず、原因を探っていったところ電源かマザーボード、もしくはグラフィックカードの不具合か故障という結論に達しました。

最初はダメ元で少し古くなっていた電源を新しいやつに交換してみるものの起動せず、マザーボードの交換は最近やったばかりでないと思いたくもあり、大手術になってしまうというのもあり、原因がこれであってほしいという願いも込めて、グラフィックカードを交換した結果、問題なく起動するようになりました。

スポンサーリンク

捨ててもいい覚悟での購入

「GeForce GT 520」を選ぶ際に、非常に悩みました。

グラフィックカードというと高性能のものは値段が高く、その価格の違いは安いもので数千円、高いものは数万円から十万円を超えるものまであるという幅の広いものということもあって、自分に合ったものはなんなのかと調べまくりました。

自分の場合は、グラフィックカードの本領発揮をするゲームなどをしないことと、なにより交換したことでPCが直るかどうかも不透明だったこともあって、一番安く、グラフィックカードとしては最低限の能力という「GeForce GT 520」に落ち着きました。

パフォーマンスは落ちたが、相性はいい!

交換前のグラフィックカードが「GeForce 9800GT」だったということもあり、性能自体は落ちてしまったといえるでしょう。

しかしオンラインゲー厶やグラフィックカードの能力を欲するようなゲームをやらないこともあって、普段使いとしてはなんの支障もありませんし、むしろ安かったので満足しています。

おそらく以前から9800GTに不調があったのか、描画などですこし不満も感じていたんですが、今はそれもなくなり、ストレスのないPCとの付き合いができています。

ということで、みなさんも「WIN SCORE SHARE【Windows エクスペリエンス インデックスの表示・共有・比較・再計測】」を活用しながら、PCのパフォーマンスを向上させましょう!

スポンサーリンク
カテゴリー: やってみた   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。