Windows 7でベンチマーク(CrystalMark 2004R3) 【やってみた】


以前、Windows 7をインストールしたマシンのパフォーマンスを測定したことがありますが、CrystalMark 2004R3では問題が発生し測定できませんでした。少し時間を置いてから(いくつかアプリケーションなどをインストールした後)もう一度実行すると測定できましたので、今回は、改めてCrystalMark 2004R3でパフォーマンスの測定を行います。

スポンサーリンク

CrystalMark 2004R3

いつものようにCrystalMark 2004R3で測定。測定に使用したマシンは、Dell Vostro 420 タワーデスクトップにSSD(A-DATA AS592S-32GM-C)を導入したもの。

CrystalMark 2004R3 標準ドライバ
   CrystalMark :  179985
[ GDI ]              9193
[ D2D ]              8305
[ OGL ]              1301

どうも3Dの性能がイマイチだと思ったら、標準のドライバのままだったのでNVIDIAから最新のドライバを入手してインストール。改めてパフォーマンスの測定。

CrystalMark 2004R3 NVIDIAドライバ
   CrystalMark :  204492
[ ALU ]             56847
[ FPU ]             52288
[ MEM ]             25158
[ HDD ]             27709
           Read :  198.11 MB/s (  5962)
          Write :  139.96 MB/s (  4799)
 RandomRead512K :  151.81 MB/s (  5036)
RandomWrite512K :  136.68 MB/s (  4733)
 RandomRead 64K :  112.62 MB/s (  4252)
RandomWrite 64K :   73.18 MB/s (  2927)
[ GDI ]              9152
[ D2D ]              8683
[ OGL ]             24655

標準ドライバとメーカー製ドライバを比較してみたところでは、GDIやD2Dの性能にはあまり差がない気はする(3Dの性能は大きな差があるが)。

また、前にVista導入時に測定した時と比べるとCPUとD2D/OGLのパフォーマンスは落ちているが、メモリとハードディスク(SSDに変えたため)、GDIのパフォーマンスは向上しているようだ。Vistaのもっさり感が薄れているのは、GDIの性能が向上したところによるかもしれない。

スポンサーリンク
カテゴリー: やってみた   パーマリンク

コメントは受け付けていません。