Chromeのメモリ使用量が1GBを超えている 【雑感】


ほんの7枚ほどタブを開いているだけなんだけど。そりゃ、メモリも足りなくなるはずだ。

スポンサーリンク

いや、Chromeだけじゃなく色々なソフトが平気でメモリをわんさか使用している。確かにブラウザは最新の様々な技術が詰め込まれているから納得ではあるが、他のソフトもそこまで必要なんだろうか・・・?(僕らが望んでるのは、Windows 2000のような軽量で堅牢なOSやソフトのはずなのに。)

こういうのを見ていると、メモリ内ランタイム戦争が行われているのだなと感じる。

Windowsには、当然OSが昔から提供してきた基本的なランタイムがある。さらには、.net frameworkという新しいランタイムもある。一方、ChromeにはHTMLやJavascriptを始めとしたランタイムがある。ネット系ランタイムは、最初からクロスプラットフォームが前提であるし、しかもインタープリタ系が主流だ。いうなればコンパイラもすべてのマシンに存在している。(そりゃメモリを食うはずだ。)

OSに効率的なメモリシステムを作ったはずなのに、結局バラバラのランタイムが使われてしまうことで、効率性はなくなってしまう。iPhoneやAndroidでは、PCほどメモリは増やせないので、ランタイム戦争はすぐに決着がついたのかもしれない。結果Windows Phoneは無きものになった。

足りないメモリはどっから供給するか、その答えが現在のところクラウドなのかもしれない。もちろんメモリを直接提供するわけではないが、計算資源を外部に求める傾向はまだまだ続くのだろうか。

そして、Googleが上手いのは、ネット広告分野の独占状態によって、ランタイムの力場をうまくコントロールしているということだろう。Microsoftが真似したWindowsストアがいまいち盛り上がらないのも、結局は力場のコントロールができてないことによるものではないだろうか。

SoundEngineのメモリはこんな感じらしい(起動直後だがw)、、、もはやメモリサイズを食わないことなど古いのかもしれないが・・・。フットプリントはもはやノスタルジーなのか

スポンサーリンク
カテゴリー: 雑感   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。