Twitterで肩がこる理由 【雑感】


Twitterが面白いというのは認める。しかし、やけに肩がこる。

スポンサーリンク

その理由としては、やはりタイムラインにバラバラの情報が溢れているからである。リアルタイムでたくさんの情報が共有化される便利ツールといえばそうなんだけど、とにかくコンテキストが皆無というか、ランダムなためそれを自分の中でフィルターしたり再構成していかなくてはならない。ここでデータをしっかり見つめる必要があるため、集中力が必要となりそれが肩こりにつながってしまうのだろう。

たとえ好きなアカウントだけを集めたとしても書くことは基本自由なわけだからやはりタイムラインはバラバラの内容であふれる。検索などを使えば、自分の検索したい情報だけにはなるが、それではネット検索と比べると質で落ちたりすることもあるし、そもそもTwitterの良さは半分ぐらい消えてしまう。

AIによってストリームがある程度整理される機能も実行されているのだろうけど、リツイート数やお気に入り数が重要なデータとしてみなされるとやはりタイムラインはバラバラになってしまうだろう。

ここらへん使い方に人々の間で差はあるかもしれない。ある種の話題だけを楽しみたい人・リアルタイム性を楽しみたい人・みんなの興味を知りたい人・議論を楽しみたい人・好きなアカウントの話題を楽しみたい人などなど・・・。

スポンサーリンク
カテゴリー: 雑感   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。