キャッシュレス戦国時代 【雑感】


政府、キャッシュレス化推進=五輪念頭にインバウンド対応-スマホ決済」みたいな御触れもでてるわけだが、一向に大きくキャッシュレス社会が実現しそうもない日本。

様々なキャッシュレスソリューションが散見できますが、どういう結末になるのでしょうか?

スポンサーリンク

正直QRコードでの決済なんて面倒臭くてやりたくはない。現金の方がまだマシなんじゃないかと思ってしまう昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私に至っては、今の所一般レジではQuicPayしか使ってません。ネット決済は無論クレジットカードですが。SUICAを使っていた時代もありましたが、結局都心暮らしでもしていなければ、公共交通を利用する機会がほとんどないのでチャージするのが非常に面倒臭いです。レジでチャージ?なんかそれも面倒で。オートチャージ付きのSUICAも検討しましたが、なんだか面倒臭くて作っていませんでした。

結局面倒臭さとの戦いがキャッシュレス戦国時代なんだなと思うこの頃です。

じゃ、ATMの方が面倒臭くないのか?という意見もあるでしょうが、ATMは諭吉と出会える場所。日本国民にとっては、もはや聖地のような場所なのでおそらく神社に初詣に行く感覚なんでしょう。

宗教がない国日本ではありますが、宗教的な儀式・しきたりは実際様々なところにあります。そう簡単に諭吉離れはできないのかもしれません。

というかフェリカリーダーって2500円程度で買えてしまうのですね・・・。

スポンサーリンク
カテゴリー: 雑感   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。