クリエイティブのスピーカー「Creative Pebble」購入してみた 【レビュー】


小さなスピーカーが欲しかったのでネットでクリペブでおなじみのクリエイティブのスピーカー「Creative Pebble」を購入してみた。

Creative Pebble ホワイト USB電源採用アクティブ スピーカー 4.4W パワフル出力 45°上向きドライバー 重低音 パッシブ ドライバー SP-PBL-WH

スポンサーリンク

購入理由

購入した理由は節電のためである。ここ北海道は電力不足で現状節電できるものは節電しようという流れである。無論節電すればその分電気代も安くなるので一石二鳥ではあるが。

現状FOSTEXのNF-4Aというスピーカーを使っている。またサブウーファーにはFOSTEXのPM-SUBnを使っている。またミキサーはYAMAHAのO1V96を使っており、音自体は全く不満はないのだが、これらを一体的に動かさないと音が出ないようになっているので、ちょっとYouTubeの音を聞きたいとかそういう時に色々と電力を使ってしまうことに対してなんとかしたいなと思ったのが理由だ。

音質感想

音自体はネットの噂の通り価格の割に低音がしっかり出るので単一のスピーカーとしてとてもよい感じである。

ただ、逆に低音がよく出すぎてバランスが良くないと感じることもあるかもしれない。私の場合、PC本体の出力ではなくHDMIにつながれたモニターの出力に繋げている。こうすることで少し低音が不足がちになりバランスがよくなるのである。

無論イコライザーなどで調整する方法もあるとは思うが、今回は使ってない。

その他感想

黒のタイプを買ってみたが、なかなか質感はいい。(安いわりに)形も非常にかわいいくてよい。

また少しスピーカーが斜めになっているので机の上で置いてパソコン用に使うのに非常によい。みんなで聞く目的の場合なら、水平方向の方がよいだろうが、個人で使う分にはこれはちょうどいい。

4.4Wなのでそこそこ音量がでる。とはいえ部屋全体を鳴らすような用途しては考えない方がいいだろう。またUSB給電なのでノートPCなどと相性はいいだろう。(私はデスクトップで使っているが)

JBL Pebblesの方がおそらく音はよさそうだが、1/3ぐらいの値段で買えるので非常におすすめ。

音楽を堪能するような使い方には不十分かもしれないが、YouTubeでトークを聞いたりAbemaでアニメでも見る時のスピーカーとしては丁度いいだろう。

スポンサーリンク
カテゴリー: レビュー   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。