iPhone付属のイヤホンを卒業していいヘッドホンを手に入れろ!感動的な重低音のSOUL by Ludacris SL150 【レビュー】


iPhoneに付属しているイヤホンを使うのももちろんいいんだけど、いやいやもうちょっといい音で聴きたいなんて人もいるんじゃないでしょうか。

この間、量販店で色んなヘッドホンをiPhoneに刺して試聴していたところ、「おぉ、これわ!!!」というものが見つかったので、それを紹介。

スポンサーリンク

今回の選考基準について

最初に今回自分が選んだ基準について。人それぞれ選考基準はあるだろうから、先にそれを書いておこうかと。

まずは、とにかく軽くてコンパクトなもの。とはいえ、外で使うわけじゃありませんので可搬性の良いという意味ではありません。

ヘッドホンを長い時間装着するとなると、重厚長大なものよりもコンパクトな方が負担が少ない(はず)ですよね。特にヘッドホンの重みで脳天が痛くなってしまったりが多い自分にとっては、実は重要な要素だということに最近気づいたのでした。

そこそこお金を出すのだからそれなりのサイズのものを求めてしまう気持ちは非常によくわかります。しかしここは心を鬼にしてそれはあきらめることに。

次に金額的なもの。1万以上で2万円ぐらいまでのもの。高いヘッドホンはいくらでもあるでしょうけど、「スピーカーじゃあるまいしそこまで出せるか?」というと正直出せません。ただ、1万円以下のヘッドホンも考えると沢山あり、視聴するのに時間がかかってしまうのでそこは狙わないことに。

最後に、海外製のもの。日本製もいいんですけどね、せっかくだから少し面白いのが欲しいということで。日本のものはSONY、オーディオテクニカのをすでにもってますし、もういいやというところではあります。という3点で視聴を開始したのでした。

候補として、ゼンハイザーHD25-1:2

前々からいいなとは思ってたのですが、やっぱり今回もいいと思いました。ヘッドホンの上部の頭にあたる部分(ヘッドバンドとかヘッドクッションというのでしょうか)も調整可能だし、なんといっても軽い。でも、音はいい。

ただ思ったのは、「これはモニター向きっぽい」ってこと。確かに、音楽作りや音声ソフト開発には、モニター向きな方が音の良し悪しがわかるのでいいのですが、今回はそういう目的のものではありません。

高域が結構出てくるのでクラシックを聴くにもきっといいんだろうななどと思いつつ、おもむろにアニソンやテクノをかけて音量を上げてみると、少し耳がキンキンする感じが。繊細な音が出てくると言えばそうなんで、満員電車で聞く分にはいいんだろうなと。

ゼンハイザーHD25-1:2はコレ↓です。

これに決めた!SOUL by Ludacris SL150BW

さて候補を差し置いて、購入を決めたものはSOUL by Ludacris SL150BWというもの。(白を購入したが、選択できる色は白と黒とブルーがある)

視聴するまで全然このメーカーを知らなかったんだけど、実は基準も何もこれを装着してiPhoneを付けた瞬間に即買おうと思ったのであった。

それまでの自分のヘッドホンの概念を一騎に覆されるようなそんなインパクトがあった。なんだろう、「なんだこのヘッドホン動いている!」という感覚。

SOUL by Ludacris SL150BWのこんなところが素晴らしい!

スポンサーリンク
カテゴリー: レビュー   タグ:   この投稿のパーマリンク

iPhone付属のイヤホンを卒業していいヘッドホンを手に入れろ!感動的な重低音のSOUL by Ludacris SL150 への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    beatsは知ってるけど、SOULは知らないな